広告代理店・大阪、全国の総合広告代理店。広告、告知、宣伝、WEB広告。料金・価格が分かる株式会社ア・アド・エージェンシーへ a・AD・AGENCY.,CO.LTD

会社の招き猫 総合広告代理店 株式会社ア・アド・エージェンシー 会社概要 地図 当社求人 リンク集 サイトマップ
プライバシーポリシー
トップ余白
トップページへ マス広告媒体 求人広告 販売促進 交通広告 制作 ホームページ インターネット イベント お問い合わせ

 

大阪総合広告代理店、見積前の無料相談いたします。
全国・媒体の最新の料金・価格表一覧が見れる。

  ●グラフで見るネット世界    
         
    No.1 ●No.2 ●No.3 ●No.4 ●No.5 ●No.6 ●No.7    
         
  No.6    
         
   グラフ・表・ニュース記事で見るネット世界・2011年7月15日〜9月2日  
         
    グラフ・表で見るネット世界のご紹介

●2011年7月15日記事
◆ 「つぶやくトヨタ車
米セールスフォースドットコムのマーク・ペニオフさんと豊田さんが提携。
「トヨタフレンド」音声で充電してください、バッテリーが5%です。とか、1km先においしい店あるよ。とか
大変渋滞しているよとかSNS機能を車に装備する。ということです。
囲い込みになる。

スマートフォンのネット通販平均買取額がPCより1万円高い25,000円
ネットゴールデンタイムが20時〜23時が、朝、昼、深夜に来ると予測。
ネット通販売上が7兆8千億円。百貨店の6兆2千億円を抜き去っている。
ライフスタイルがもう変わっているのに、まだ納得してもらえないお客様が多いことか。
   
         
    つぶやくトヨタ 売り方・働き方 変革迫る    
         
    ●2011年7月26日記事
◆ カナダRIM(ブラックベリー)2000人削除
スマフォ(いつのまにかスマートフォンがスマフォに変っている。
「それ行け!スマート」を見ていたぼくは身近で親しみやすかったのに)の
先駆的OSブラックベリーが苦戦でリストラ。
早すぎです。
   
         
    加RIM、2000人削除 従業員の11% ブラックベリーで苦戦    
         
    ●2011年7月29日記事
◆ 「スマートフォン
KDDIがウインドウズのスマートフォンOS WP7.5 のスマートフォンを販売。
グーグルのOSアンドロイドも平行して販売。全方位外交ですって。
今世界はグーグル対アップルの2大対決が現状。で全方位て、チャンチャラおかしい。
ウインドウズは完全に出遅れたんです。
   
         
    テクノロジー スマートフォンで全方位外交    
         
    ●2011年7月31日・日経新聞
◆ 「フェイスブック開国迫る。」
先日盆の真ん中でザッカーバーグを主人公にした映画「ソーシャルネットワーク」を見ました。
やっぱり、もてない男が女にもてるため、必死こいた産物がフェイスブック。
日本の若手芸人の志とおなじなんですね。
フェイスブックの本質は出会い。
相手が今セックスフレンドいるか、今独りよ、を実名に書き込むサイトなんですね。
政治的機能が備わってなどいない。利用者が勝手に利用したんだということ。
それでも2011年7月末で公称7億5千万人登録(公称なので20%〜80%減じてください。)
日本では1月200万人、7月400万人。これも公称
ミクシイが2,300万人(これも公称です)
実名で私はフリーよとは書けませんよね。
書ける人も400万人いるんですね。(公称ですが)
ボクは、両方入りましたがFACEBOOKは東南アジアか中東系の人たちばかり、
英語ももちろんアラビア語もできないので、すぐ出ました。
でも400万人の中の1人に数えられているですね。
会員番号190万台だと思います。

「ソーシャルネットワーク」ストーリー(コピペです)
2003年秋。ハーバード大学2年生のマーク・ザッカーバーグはボストン大生の恋人のエリカと口論になり、
「アンタがモテないのは性格がサイテーだからよ」と言われてフラれてしまう。
怒ったマークはブログに彼女の悪口を書き並べ、さらにハーバード大のコンピュータをハッキングして
女子学生の写真を集め、親友のエドゥアルド・サベリンの協力の下で
女の子の顔の格付けサイト「フェイスマッシュ」を立ち上げる。
サイトは瞬く間に話題となり、公開から2時間で2万2000アクセスを記録するが、4時間後には大学側に潰されてしまう。

後日、理事会に呼び出しを食らったマークは半年の保護観察処分を受け、
大学中の女学生全員からの嫌われ者となる。
そこへ、ボート部に所属するエリート学生であるキャメロン・ウィンクルヴォス(en)、タイラー・ウィンクルヴォス(en)兄弟と
その友人のディヴィヤ・ナレンドラはマークの優れたプログラミング能力に目を付け、
「名誉挽回のチャンス」と称し、「harvard.eduドメイン」に群がる女と出会うことを目的とした
ハーバード大生専用のコミュニティサイト「ハーバード・コネクション」の制作協力を依頼する。
これにヒントを得たマークはエドゥアルドをCFOとして1000ドルの融資を受けて
ソーシャル・ネットワーキングサイトの制作に取り掛かり、2004年初頭、「ザ・フェイスブック」が誕生する。
エドゥアルドの所属する大学一のファイナル・クラブである「フェニックス」の人脈を利用してサイトは瞬く間に広まった。
それに気付いたウィンクルボス兄弟らはアイデア盗用でマークを告訴しようとしたが、
資産家の子息でもある彼らは「ハーバードの紳士は訴えない」という思想の為に思い留まった。

「ザ・フェイスブック」の流行のおかげでマークは女子からモテるようになった。
だがマークが偶然見かけたエリカに声をかけたところ、彼女はサイトの存在を知らなかったために一蹴されてしまう。
躍起になったマークはサイトをさらに大きくしようと決意し、システムを改良して他大学へも次々と開放してゆく。
そしてその頃アメリカ西海岸ではNapsterの設立者であるショーン・パーカーは、
偶然ベッドを共にした女子大生が使っていた「ザ・フェイスブック」を目にする。
これに興味を持ったショーンはサイトを通じて直ちにマークたちにアポを取り、
西海岸にスポンサーを探しに来た彼らと面会して「独演会」を行う。
エドゥアルドはショーンに懐疑的だった一方、マークは彼の考えにすっかり魅了されていた。

ショーンの提案を受けてサイトの名前は「ザ」を取って「フェイスブック」となり、会社の拠点はカリフォルニアに移動した。
マークがそこで作業をする一方、エドゥアルドはニューヨークでスポンサーを探し、
その間にショーンはマークたちが借りた家に転がり込んだ。
ショーンはマークに「俺たちの時代が来た」と語って自分たちの力で事業を拡大することを訴え、
そして新たな投資会社との契約を成立させてゆく。
そこへエドゥアルドがニューヨークから戻り、自分の知らぬ間に次々とことが進んでいることに腹を立てて
会社の銀行口座を凍結させてしまい、マークとの友情に亀裂が入る。

その後エドゥアルドは、3割以上あった持ち株を0.03%まで引き下げる罠にはめられ、
重役を降ろされたことをきっかけにマークを相手とした告訴を宣言し、
また同じ頃、イギリスのボートレース大会に参加していたウィンクルボス兄弟は、
「フェイスブック」がヨーロッパの大学にまで浸透するほど巨大化しているという事実を知って裁判で戦うことを決めた。
こうしてマークは2つの訴訟を抱えることとなった。

映画は、フェイスブックの立ち上げから発展を描く過去と、訴訟シーンを描く現代が交互に展開されてゆく

役名 俳優 日本語吹き替え
マーク・ザッカーバーグ ジェシー・アイゼンバーグ
エドゥアルド・サベリン アンドリュー・ガーフィールド

ショーン・パーカー ジャスティン・ティンバーレイク

キャメロン・ウィンクルボス
タイラー・ウィンクルボス アーミー・ハマー


撮影は2009年10月よりマサチューセッツ州ケンブリッジ
映画冒頭のザッカーバーグとそのガールフレンドの会話シーンでは99テイクもの撮影が行われた。
なお、セリフをカットせずに普通の口調で喋ったものを撮影、編集すると上映時間が3時間を超えてしまうため、
セリフのほとんどを早口にすることで上映時間を短くするという方法を取ったことが、
結果として作品のスピード感にも貢献することとなった[8]。

facebook側の反応
映画を作成するにあたり、脚本を担当したソーキンは実際にマーク・ザッカーバーグに取材を申し込んだが断られた[2]。
ソーキンは後に「最終的には映画の客観性を保つ意味ではそれで良かった」と述懐している。
また、書籍の著者であるベン・メズリックも、ザッカーバーグだけでなく当時を最もよく知る人物として
エドゥアルド・サヴェリンに取材を申し込んだが、双方ともに拒絶されたものの、
映画に関してはエドゥアルドが監修として参加している。

上記のような経緯により完成した映画・書籍はfacebook側の協力は得ずに作られており、
サヴェリンの視点に偏っている部分が多く見受けられる。
ただし、サヴェリンは映画完成後に極秘裏にプライベートで視聴をした。
ザッカーバーグも全米公開後に映画館を借りて、facebook社員全員と共に見た。
その後にザッカーバーグが行ったスタンフォード大学での講演にて、
社会的地位を得るためにfacebookを立ち上げたように描かれている点が事実と異なるとコメントした。

(facebookの社員であるアイゼンバーグの従兄弟からアイゼンバーグが又聞きしたところによる。
さらにアメリカ国内で1月29日に放映された『サタデーナイトライブ』では、
アイゼンバーグと対面し、映画について「見た」と答え、感想を「興味深かった」とコメントした。
   
         
    フェイスブック「開国」迫る 7億5000万人の「世界世論」    
         
    ●2011年8月2日記事
◆ 「自衛隊23.3万人どの部隊かがサイバー攻撃に備える、警察も備えるというばらばら」
自衛隊の戦力で重要なのは人員数。
記事のように陸上自衛隊が14万人とすると
海上が45,800人航空が47,000人計232,800人と言うことになる。
減っています。減らしたんですか、
集まらなかった?
もちろん機密だから,正確な人数ではないでしょうが、
今回の震災のように大げさなウソはやめましょう。
http://aada.at.webry.info/201107/article_55.html
サイバー攻撃に備えるってどの部署がやるんでしょうか。
各自衛隊の取り合いになっているようで、恐いです。
   
         
    サイバー攻撃 対処急ぐ 防衛白書「防護機能を向上」    
         
    警察もサイバー攻撃に備えるらしい。
標的型メールの29通の内14通が中国なんですね。
これって、警察の仕事?自衛隊の仕事?
バラバラにやるんですね。日本お得意芸で。
新聞に堂々と載っているんだから、さっさとひとつにまとめたら。
例のレンホウさんが出てきて、
「何故ひとつにできないんですか」
と言ったら、人気回復しますよ。
   
         
    サイバー攻撃 スパイ防止、官民で協力 警視庁分析結果、4000社に提供    
         
    ●2011年8月4日記事
◆ 「それ行けスマートのスマートではありません」
「それ行け!スマート」を見たものには、どうしてもふざけているようで気持ち悪い。
スマート=高機能と言う意味を誰が付けたんでしょう。日本じゃとっくに死語になっているのに。
スマートフォンが飛び出した時、公衆電話と関係あるのかと思いました。
※番組始まりのお決まりシーンで、スマートがいくつものドアを通りすぎて、
公衆電話ボックスに入りある番号を回すとすっと落ちて、スパイのアジトに入る。
余談ですがスマートハウスはあの探偵のいろんな役に立たない仕掛けをあちこちに散りばめた家だと思ってしまう。
   
         
    スマートハウスを狙え 「白物」成長戦略の要 車と電気 連携カギ    
         
    『それ行けスマート』(それゆけスマート、原題:Get Smart)は、
アメリカ合衆国のNBC系で1965年から1969年まで、
CBS系で1969年から1970年まで放映された30分のテレビドラマシリーズ。
スパイものをパロディ
http://youtu.be/o5NBIyPmB0g

まともな話、このスマートハウスが宝の山みたいなんですね。
いっときオール電化とか言っていたように思いますが、
ネットとITと蓄電が入ってスマートハウスというらしいです。
   
         
    それ行けスマート・タレントフォト    
         
    ●2011年8月16日記事
◆ 「グーグルの危険な賭け」
グーグルがアンドロイド(携帯OS)を無料公開して、
あっという間にアンドロイドがシェア1位になったのはご存知ですね。
無料ということと、グーグルが携帯メーカーでないことで、(OEMで販売していますが)多くのメーカーが乗ってきました。
中でもサムスン電子のギャラクシーSUが献身しました。
それが、老舗モトローラ社を買収、9,600億円で。
9,600億円で、です。
落ち目のモトローラ社でも携帯周りの特許を持っています。
それがネライだと言うことは周知ですが、各メーカーは、黙っています。

ウィンドウズの携帯OS、 ヤフーのOSが次々参入している。
ヘタ打つと、アンドロイドに見切りをつける可能性が出てきた。
メーカーに手を出さなかったら、1人勝ち確実だったのに、です。
欲をかくもの、祇園精舎の鐘の音ですう。
   
         
    モトローラ携帯端末部門 米グーグルが買収 9600億円 スマートフォン拡大    
         
    グーグル、特許取り込み モトローラ端末部門買収 アンドロイド競争力を強化 知財戦で巻き返し    
         
    ●2011年8月16日記事
◆ 「モトローラ9,600億円で呑まれる」
1928年設立。1930年にカーラジオを発表(昭和5年)同族経営で社員全員に利益配分、
終身雇用という日本がお手本にしていた会社。
1998年(平成10年設立)グーグルに9,600億円で呑まれる。
およそ1兆円です。

時代は桁違いの戦国時代と後々言われるじゃないですか。
そんな歴史の中、山の中でまき割り職人のような
何の関係もない生活をしているんじゃないかとちょっと焦ります。
   
         
    モトローラ、改革に遅れ    
         
    ●2011年8月19・20日記事
◆ 「ヒューレットパッカードがPC分離発表したら翌日株価が急落」
世界1のパソコンメーカーがパソコン部門を分離と発表したら株価が急落。
昨日の時点で記事を読んでいて先見性あるなあ、と思っていたのに、マイナス材料になるんですね、
投資家の目線がいまいち分りません。

余談ですがHP社で随分前に社内で会社のパソコンで個人使用した者を一斉調査したら
1割だったか2割が見ていたので首にしたと言うニュースがあったこと覚えています。
その頃通信費は高く、何よりも人件費の高い人間の時間盗みが理由だったように思います。
当社も社内内規に、勤務時間内に個人使用を禁止事項を追加しました。
もう古い話で皆さん禁止事項があるか確認した方がいいですよ。労働側も経営側も
   
         
    HP、パソコン事業分離へ 最大手 競争激化で戦略転換    
         
    米HP株が暴落 終値20%安 格付け見通しなど引き下げで    
         
    ●2011年8月18日記事
◆ 「占いサイト儲かる」
スマートフォンになって有料会員が伸びたそうです。
占いと言うのは、心理学と数学(統計学、確率学)からなっています。
心理学的側面で言うと占う相手がどこまで認識するんでしょうね。

ぼくは占いを信じないことにしてます。

ちょっと昔、仕事で占いイベントを毎月1人3年間やっていましたが、
面接代わりに、いつも僕自身を占ってもらったら、36人中8人が同じことを言われ、
それが、今のところ的中していて、信じないことにしました。
(手相や観相占いでは、3ヶ月で運命が変るそうです。
   
         
    やっぱり占いはお金になるんです メディア攻防 今期営業益4割増 過去最高 占いサイト好調    
         
    ●2011年8月20日記事
◆ 「株価の時価総額世界一になったアップル」
スティーブ・ジョブスさんが偉い。
「情熱とビジョン」でもってiMAC,ipod,ipad,iphoneに至る成功物語。
ジョブスさんひとりが偉いんじゃない、きっとみんな情熱を持って先を見ながら走った。
情熱は確かに何とかなる、ビジョンがない。日本の将来ビジョンが描き難い。
広告の世界も激変している。
アイホーンなどのスマートフォン向けの広告にみんな目を向けている中、
よそにない、そして主流になるビジョン。
そんなビジョン、情熱を持って今も探しています。
   
         
    時価総額トップの意味 携帯市場変えたアップル    
         
    ●2011年8月23日記事
◆ 「ヒューレットパッカード独自OS撤退で受ける影響」
独自OS(ウエブOS)といっても買収で手に入れたOS。
それをやめるとパソコン事業の分離を発表するときにオマケみたいに発表。
タッチパッドを当初499.99ドルで売る予定が99.99ドルで在庫処分価格。
世界1のパソコンメーカーでも時代を見誤る。
つまり、世の中、というより世界の中、戦国時代なんです。
武器は刀、鉄砲、ミサイルじゃなく、アイデアなんです。
   
         
    HP「独自OS」撤退余波広がる 高機能携帯の発売中止    
         
    ●2011年8月24日記事
◆ 「サイバー攻撃防衛」
中国を中心にサイバー攻撃が話題になっていると思ったら、アメリカは商売にする。
さすが世界最大武器商人。
シマンティック、マカフィー共にアメリカの会社。
日本でこんな会社できないんでしょうか。
自衛隊や警察がサイバー攻撃に備えるシステムって、国産でないの?
福島第一に入ったロボットは仏米製。
日本はいつごろから、技術輸入国になったんでしょうか。
エポックらしいものは首相が、ころころ変りだしてからじゃないですか。
なんも考えてない、
国民の選挙で衆参逆転の状況を作ったのは
国民なんです。

ニュースやコメントでこんなけ政党支持が変る、
AKB選挙と同等な感覚に日本人は馴染んでしまった。
   
         
    サイバー攻撃対策 強化 企業の安全ニーズに対応 シマンティック 丸ごと請け負い マカフィー 工作機械を防御    
         
    ●2011年8月26日記事
◆ 「格安携帯電話会社増える。」
MVNO業者、本当に増えているのかなあ?
グラフはPHSを含んでいるのでウイルコムを抜いたらほとんどゼロなんじゃないの?
で調べました。
2011年7月ウイルコム加入件数、現在404万件です。やっぱりほとんどゼロです。
2008年にSIMロック解除で総務省が仕掛けたんですが、
スマートフォンの勢いで、{通信費の格安}が魅力になってないので、伸びない。

ウイルコムは伸びるんじゃないですか。
他の3社は同じ池で競ってますが、ウイルコムはちょっと小さい池ですが、1人で釣っているから。
ウチもウイルコムに変えたぐらいで、通話どこでも使い放題、メールし放題、ネット見放題(有料は別)で
5,300円(今は加入できません)。
ただし修理でもウイルコムショップでは扱えないという不便さは、ありますが。

当社は、3機で15,900円です。固定電話は受けのみ使用で毎月2万5,000円浮いてます。
これもそれも、情報のお蔭です。
※テレアポの会社さんなんか、8機で40万円ほど浮いたそうです。
  またそんな情報が、このブログに載るやも知れません。
乞うご期待。
   
         
    割安携帯電話会社    
         
    ●2011年8月26日記事
◆ 「7月アイフォンiphone(15%)をauが抜くシェア236% NTT58%」
独走のアイフォンをアンドロメダ携帯のどこがいつ抜くんやと、気を揉んでたんです。
誰もがアンドロメダがマックを抜く、それも大差でと予測が、
ヘタしたら、アイフォンの独走が止まらないんじゃと思っていたんです。
アンドロメダグループが抜いたのは知っていましたが、どのメーカーが抜くのか大変興味ありました。
NTTが58%でダントツ。どのメーカーが抜いたとは書いていない。
   
         
    7月スマートフォン販売 auがシェア26% ソフトバンク上回る    
         
    ●2011年8月27日記事
◆ 「音楽配信売上縮む 違法ダウンロード12億件/6月」
売上が落ちたのは、ヒット曲が少なかったことと違法ダウンロードという理由。
でも違法ダウンロードが12億件(半年間)。てことは月2億件。
違法ダウンロードできる人が、1,000万人としたら月20曲ダウンロードしたことになる。売上落ちます。
でも12億件と把握できてるんですか。もしクッキーでIPアドレスがわかっているなら、
違反者が誰か判っていたら、これまた大儲けですよね。
音楽産業を守るため、是非摘発してください。
   
         
    音楽配信 市場縮む 上期13%減、ヒット作少なく スマホ向けに活路探る    
         
    ●2011年8月30日記事
◆ 「タブレット端末の存在感が高い?パソコン市場で1割で」
スマートフォンの増長の方が圧倒的で、パソコン市場で4〜5%が10%、
シャープのガラパゴスがアップルを除けば一番て、それちょうちんですね。表に載ってませんよ。
OSが独自なのでアプリがなさ過ぎ。電子書籍向きってシャープの人が言ってました。
   
         
    「タブレット」高まる存在感 パソコン販売の1割超す ipad以外も人気    
         
    ●2011年9月2日記事
◆ 「グーグル会長 SAY『次世代は。、、、、』」
グーグルのCEOを今年4月に退任したエリック・シュミット
(とラリー・ページ現CEOとセルゲイ・プリン氏のトロイカ体制)。
の講演記事で印象に残ったのが、
次世代は、モバイル・地域・SNSだ
モバイル・SNSは当たり前ですが、
まさに地域が次世代で大きく変貌しそうです。

あちこちで地域限定のポータルサイトがぼこぼこ出ています。
みんなまだ秘密にしていますが。
例えば、本町ライフ
大阪市の長堀通〜江戸堀通、谷町筋〜四ツ橋筋野中だけのポータルサイトで成功している。

それと技術革新の速度の低下の原因が特許であるということ。
ぼくは、技術革新のスピードは、もう充分のレベルに達しているので、
わざわざ高いお金を払って新しいハードを買う(それと同時に互換性がないつくりになっていて、
アプリや周辺機器を買い替えなければいけない)利用者無視の商売一辺倒のアップル、
MSの意図にみんな知りだしていて、翳りが見える。
ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブス、エリック・シュミットさん達、みなさんアメリカ人、凄いですね。
 
ひるがえって日本は、IPS細胞の人口臓器、世界中で唯一ヒーローのロボットで頑張るしかないか。
   
         
    技術革新 速度低下も 特許紛争に苦言 製品・ブランド力ある モトローラ買収 米グーグル会長    
         
    ●2011年9月2日記事
◆ 「中国ネット通販の急激な伸び。」
中国のネット利用者が2005年1億人で2010年で4億6,000万人でネット通販も急激に伸びています。
中国のヒット商品ランキンッグhttp://aada.at.webry.info/201108/article_24.html
日本から中国版で続々と入っています。

中国では、楽天のような通販ポータル[淘宝網タオパオ」も力をつけています。
※アリババが分社http://aada.at.webry.info/201108/article_3.html
リアルショップを出さずに中国全土に出店できるシステムは
リスクが小さく短期間で進出できるメリットから、自ずと競争が激しくなるのは当たり前。
じゃ、健康器具や健康食品、化粧品、サプリは
今一足先に,行ったら、勝ち目があるかも。
   
         
    ネット通販、中国事業を拡大 スタートトゥデイ 現地で合弁、サイト強化 スタイライフ 雑誌の発行数、50万部に    
         
         
画面トップへ 画面トップへ

アンダーバー
大阪府大阪市北区 総合広告代理店ア・アド・エージェンシー TEL06-6881-0456Copyright (C)2007〜 a・AD・AGENCY CO.,LTD.All Rights Reserved.